アーカイブ

お喋りすれば同じなんです

「可愛い女の子とお喋りがしたいなぁ」と殆どの男性なら思うのではないでしょうか?

僕自身「そんなチャンスがあればいいのになぁ」といつも考えていた一人です。

仕事は順調ですが、顔馴染の同僚ばかりだし、当たり障りのない話しかしません。

恋なんて職場では見つからない環境です。

普段の生活からでは、何も期待する出来事などありませんでした。

「社会人って、みんなこんな生活を送っているのかな?」と思いつつも、ライブチャットを試してみたくなったのです。

僕の場合、アダルトは選びませんでした。

単純に可愛らしい女の子と会話をしたかっただけですから、ノンアダルトにしました。

ノンアダルトを選んだ場合は、エッチなトークはしてはいけない事になっています。

僕はそれを承知していました。

ノンアダルトの条件はエッチな会話を禁止しています。

まぁ、僕も男ですから、エッチな話は嫌いではありませんが、規則は規則ですから楽しいお喋りだけに留まりました(笑)

それにしても、僕のお喋り相手をしてくれた女の子は女子高生だったのですよ。

とっても気分よくライブチャットトークができたのです。

社会人と女子高生だから、「話題があうかな?」と心配しましたが、まったくそのような心配は無用でした。

女の子は、僕の話が気にいってくれたようで、会話がどんどんはずんでしまったのです。

一時間なんて足りないと思いました。

女子高生とは言え、れっきとしたプロ意識を持っているものだなぁ・と感心すると同時に、ライブチャットの価値を知りました。

しかも、女子高生に「楽しい時間だったわ。今日は有難う・・・素敵でした」

なんて言われちゃうと、僕だって嬉しいものです。

それが彼女達の礼儀だったとしても、気分が良くなるに決まっています。

女の子と二人っきりで会話をする楽しさが、こんなにも僕の気持ちをワクワクさせてくれたとは、予想以上の価値がありました。

まさに、非日常的な出会いと言うのでしょう。

 

ロールプレイングゲーム的に楽しんでみる

 

単に女性とモニター越しにコミュニケーションを楽しむのがライブチャットではありません。自分が望むシチュエーションでやり取りすることも可能です。

とはいえ、ゲームと同じでロールプレイ、つまりお互いが演じるという方法ですが。

王道のシチュエーションだと、相手の女性に恋人役を演じてもらうことでしょうか。生身の恋愛ゲームだと思ってください。

人妻との不倫というシチュエーションだっていいでしょう。

「これから出てこられないかな?」「ダメ、急に主人が帰ってくることになって...」なんてやり取りも可能なわけです。

少々変わったところでは、中学の頃、厳しいけど美人な先生がいて毎晩妄想していた。だからSっ気のある女教師を演じてもらうなどですね。

ただし、あまり無理な設定は断られるかも知れませんので、ほどほどに。

女教師のシチュエーションだと「眼鏡かけて指示棒を持って」とか「保健体育の授業にして」といったアダルトDVDのような妄想を押しつけないことです。

Bookmark this on Digg
Bookmark this on Delicious
Share on reddit
Share on GREE
Pocket
LINEで送る

更新情報

2014-05-22
お喋りすれば同じなんですの情報を更新しました。
2014-02-18
オネェの世界にハマるを新規投稿しました。
2014-02-05
お見合いのような場所を新規投稿しました。
2014-01-21
管理者情報を新規投稿しました。
ページ上に戻る